ドイツ銀:投資銀行とリテール銀行の分離は業績にマイナス

ドイツ銀行経営陣は、投資銀行部門をリテール銀行から分離するという投資家の提案を拒否した。そのような分割は株主価値を破壊すると論じた。

  執行役員会は年次株主総会の議案書で、そのような動きが「経済および戦略面で成果を劣化させる」との見解を示した。物言う株主のカールワルター・フライターク氏の分割提案に反対票を投じるよう株主らに勧告した。同じ文書で、監査役会はアハライトナー会長のへの「無条件」の支持を表明した。

原題:Deutsche Bank Says Split of Investment, Retail Bad for Company(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE