シャイアー、武田薬品が24日提示した再修正後の買収案を検討中

更新日時

Takeda

Photographer: Buddhika Weerasinghe/Bloomberg
Photographer: Buddhika Weerasinghe/Bloomberg

バイオ医薬品メーカーのシャイアーは24日、武田薬品工業から同日受け取った新たな買収案を検討していると明らかにした。武田薬は約600億ドル(約6兆5000億円)規模の前回の提案から条件を改善させた。

  シャイアーは発表文で、取締役会が「対応を検討している」と説明。ブルームバーグ・ニュースは同日、武田薬とシャイアーが暫定合意に近づいていると報じていた。

  それによると、両社は価格に関する暫定合意に向けて協議していると、事情に詳しい複数の関係者が述べた。英国の企業買収規則に基づき武田薬は25日午後までに正式提案するか、あるいは断念するかを表明しなければならない。最終合意までの時間を得るために両社が当局に期限延長を求める可能性もあると関係者が非公開情報だとして匿名を条件に述べた。

  武田薬は20日に買収提示額を引き上げており、関係者によると、今週はこの案を巡り現金で支払う比率の引き上げなどについて協議された。シャイアーは発表で、新提案について価格など詳細は明らかにしなかった。関係者によれば、交渉の長期化や決裂の可能性もなおあるという。武田薬とシャイア-の担当者はコメントを控えた。

  シャイアー株は24日のロンドン市場で一時6.3%高となった。

  武田薬は20日の修正案で買収額を1株当たり47ポンド(約7140円)に引き上げ、現金で支払う部分を21ポンド、株式部分を26ポンドとしていた。

  武田薬は24日、シャイアーに新たな案を示したことを認めたものの、条件は明らかにしなかった。正式提案を行うかどうかや条件については不確定だとしている。

(更新前の記事で1段落目の武田薬の社名を訂正済みです)

原題:Shire Considers Sweetened Takeda Offer After Multiple Snubs(抜粋)
Takeda Confirms New Proposal for Shire; Doesn’t Disclose Terms(抜粋)

(最終段落を加えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE