欧州投資家、決算の株価押し上げに期待-JPモルガンは強気予想堅持

  • JPモルガン、今決算シーズンのポジティブサプライズを予想
  • ユーロ圏に対する為替の逆風は現在がピーク-マテイカ氏

欧州の株式トレーダーは最新の企業決算に注目している。欧州株への信頼感を高めるかもしれないからだ。

  ユーロ圏の株式相場が厳しい局面の中で1-3月(第1四半期)の決算発表が本格化した。ユーロ相場は今年の大半を1ユーロ=1.22ドル水準を上回って推移しており、輸出企業のバランスシートに新たな圧力をかける一方、経済は昨年大きく成長した後で勢いが鈍化し始めた。その結果としてストックス欧州600指数は、1月下旬以後の世界的な売りで生じた下げ幅を埋められないでいる。

  企業の予想を上回る利益によって、投資家の目線は為替の逆風が弱まり成長の安定が見込まれる7-12月(下期)へ移る可能性がある。JPモルガン・チェースは今決算シーズンのポジティブサプライズを予想し、ユーロ圏企業の2018年増益率予想14%を堅持する。これは市場コンセンサス予想の2倍だ。
  

  ミスラフ・マテイカ氏らJPモルガンのストラテジストはリポートで、「ユーロ圏に対する為替の逆風は今がピークだろう。年後半には相対的なサプライズが米国からユーロ圏に移る公算が大きい」と指摘。「収入の伸びはむしろ健全であり、欧米ではここ数年の最高に近い」と述べた。

原題:European Investors Bet Profits Will Spur Stock Market Comeback(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE