トランプ、金正恩両氏会談お膳立て-人生賭けた瞬間に臨む文在寅氏

  • 韓国の文大統領は「太陽政策」の中核的な後継者
  • 南北首脳会談はトランプ米大統領が歩み続けるための足掛かり

韓国の大統領選挙に挑むと文在寅氏が決意したのは9年前だ。朝鮮半島の分断後、初の南北首脳会談を実現させ、ノーベル平和賞を受賞した金大中元大統領が文氏に北朝鮮との和平実現に向けた取り組みを続けるよう促した。文氏がお手本とする政治家である金大中氏は当時、病を患っており、程なく亡くなった。

2017年5月の大統領選で勝利した文氏

撮影:SeongJoon Cho / Bloomberg

  金大中氏らが進めた北朝鮮との融和を探る「太陽政策」の中核的な後継者であることを自認していた文氏の耳には、元大統領の懇願が響いた。2017年5月の大統領選前、文氏は「決定的瞬間」がまさにその時だったと記者団に語った。金大中氏はあたかも「遺言」のように話したという。

ホワイトハウスでトランプ大統領と会談(2017年6月30日)

撮影:Olivier Douliery / Pool via Bloomberg

  大統領就任から1年を迎えようとする文氏は今、前任者がなし得なかった飛躍的な新たな局面を切り開く最前線に立つ。

  北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との南北首脳会談を27日に行うだけではない。韓国大統領として、トランプ米大統領と金委員長との間で行われる予定の史上初の米朝首脳会談もお膳立てした。

 

韓国特使と金正恩氏の会談を伝えるニュース(3月7日)

撮影:SeongJoon Cho / Bloomberg

  1950年に始まった朝鮮戦争は53年に休戦協定に至ったが、正式にはまだ終わっていない。2000年、当時の韓国大統領、金大中氏は平壌で金正日総書記と初の南北首脳会談に臨んだ。だが北朝鮮はその後、核実験を行い、金正恩体制の下で推計60発の核爆弾を保有。核弾頭を搭載し米国本土のどの都市にも到達可能なミサイルの開発を進めている。

  文氏は盧武鉉政権で大統領秘書室長を務めた。前回の南北首脳会談は07年に盧大統領と北朝鮮の金正日総書記との間で平壌で行われたが、27日の南北首脳会談は1953年に休戦協定が結ばれた軍事境界線のある板門店で初めて開催される。北朝鮮のトップが陸路で韓国側の施設に向かうのも史上初だ。

パーク・ストラテジーズのショーン・キング上級副社長が米朝会談についての見方を述べる

(出所:Bloomberg)

  北朝鮮出身の両親を持つ文氏(65)は、今回の南北会談のために人生を賭けてきたといっても過言ではない。米ウェスタンケンタッキー大学のティモシー・リッチ准教授は「いかなる交渉であれ、その含むところを文氏が認識しているのは確実だ。話し合うことのできる場の準備をする『フィクサー』としての役割を潜在的に果たし得る」と述べる。

平昌五輪開会式での文大統領、北朝鮮の金与正氏らが同席(2018年2月9日)

撮影:Carl Court / Getty Images

  南北首脳会談とそれに続く米朝首脳会談が平和への扉を開く可能性がある一方で、失敗すればアジアの大半の地域にすぐに影響が及び得る破壊的な戦争のリスクが浮上する。

  盧政権で統一相だった李鍾奭氏は「米朝間の核を巡る対立はこれまで以上に喫緊の課題であり、文氏はまずこの問題に対処しなければ、南北間で何も進展しないことを承知している。文大統領と金委員長の会談はトランプ大統領が歩み続けるための足掛かりだ」と話している。

原題:The Man Who Brought Donald Trump and Kim Jong Un to the Table(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE