きょうの国内市況(4月23日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●日本株は小幅安、米国の金利上昇とアップル業績懸念-電子部品下げる

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は小幅安。長期金利の上昇が米国景気に今後悪影響を及ぼすと懸念されたほか、米アップルの業績不安も重しとなった。アルプス電気などアップルのサプライヤー企業も含む電子部品株が下落。業種別では精密機器や電機、化学株が下げ、食料品など内需株も安い。

  半面、為替の安定は投資家心理にプラスに働き、米金利上昇による利ざや改善期待から保険、銀行など金融株は高く、相場全般を下支えした。

  TOPIXの終値は前週末比0.34ポイント(0.02%)安の1750.79と小幅ながら4営業日ぶりに反落、日経平均株価は74円20銭(0.3%)安の2万2088円04銭と続落。

  JPモルガン・アセット・マネジメントの重見吉徳グローバル・マーケット・ストラテジストは、「米長期金利の上昇でインフレや企業活動の抑制が意識され、上値は重い」と指摘。また、安倍内閣の支持率低下の報道も相次ぎ、「海外投資家にとってネガティブな材料。アベノミクスや金融緩和が後退するとの懸念は意識されやすい」とも話した。

  東証1部33業種は精密機器、食料品、倉庫・運輸、陸運、建設、化学など17業種が下落。上昇は保険、銀行、鉄鋼、海運、証券・商品先物取引、非鉄金属、卸売など16業種。売買代金上位では、アップル関連の村田製作所やアルプス電気、ローム、TDKが安く、SMBC日興証券が青陵力は織り込み済みと判断したテルモも売られた。半面、第一生命ホールディングスやT&Dホールディングス、りそなホールディングスは高く、大型LNGプラントを受注と日本経済新聞が報じた日揮も上げた。

  東証1部の売買高は13億4383万株、売買代金は2兆1614億円。値上がり銘柄数は955、値下がりは1035。

●債券先物が上昇、需給引き締まり観測根強い-米金利上昇には警戒感も

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券先物は上昇。前週末の米金利の大幅上昇や北朝鮮を巡る地政学リスクの後退を背景に売りが先行したものの、日本銀行の国債買い入れオペの金額に変化はないとの見方から、相場需給の引き締まりを見込んだ買いが取引終盤にかけて優勢となった。

  長期国債先物市場で中心限月6月物は前週末比7銭安の150円51銭で取引を開始。午前の取引前半には一時150円43銭と、日中の取引ベースで2月8日以来の安値を付ける場面があった。その後はじりじりと値を戻し、結局は5銭高の150円63銭と、この日の日中高値で引けた。

  メリルリンチ日本証券の大崎秀一チーフ金利ストラテジストは、「先週の20年債入札で利回り0.5%を下回る水準では買い需要が少ないということが確認されて高値警戒感が生じていたところに、米金利の上昇もあり、売りが先行した」と指摘。ただ、「日銀はオペの買い入れを増額したままで調整のタイミングが分からない。円債の売り余力もあまりないため、一段の金利上昇も見込みにくい」と言う。

  現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の350回債利回りは、日本相互証券が公表した前週末午後3時時点の参照値より0.5ベーシスポイント(bp)高い0.06%で寄り付き、一時は0.065%と、3月2日以来の水準まで上昇。その後は横ばいの0.055%までした。新発20年物164回債利回りは2bp高い0.55%と3月5日以来の高水準を付けた後、0.535%まで切り下げた。

  日銀はこの日、残存期間1年以下と1年超5年以下、物価連動国債を対象に買い入れオペを実施した。買い入れ額はいずれも前回から据え置かれた。結果は1-3年の応札倍率が前回から横ばいだった一方、1年以下と3-5年、物価連動債は前回を下回った。

●ドル・円は上昇、北朝鮮緊張緩和や米金利上昇で一時108円台に接近

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場のドル・円相場は約2カ月ぶりの高値を更新し一時108円に接近した。北朝鮮が核・大陸間弾道ミサイル(ICBM)実験停止を発表し緊張緩和の雰囲気が出ていることに加え、米長期金利が2014年1月以来の水準に上昇したことがドル買いの支援材料となった。

  ドル・円相場は午後3時17分現在、前週末比0.2%高の107円82銭。朝方に107円63銭を付けた後から上昇基調を強め、一時は107円89銭と2月21日以来のドル高値を付けた。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は5営業日続伸。

  FPG証券の深谷幸司社長は、「北朝鮮情勢が前に進むかもしれないとの見方からドル・円は強めに始まった。インフレ懸念から米長期金利が3.0%近くまで上昇したこともあり、しっかり」と説明。もっとも、「米株安の警戒感に対して米長期金利上昇がサポートとミックス。リスク選好ながらも手放しという訳でもなく、やや抑えられている」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE