ウォルマート:フリップカート経営権取得近い、約1.3兆円か-関係者

  • タイガー・グローバルとソフトバンクが保有株を売却すると関係者
  • ウォルマートはフリップカート株式の60-80%を最終的に保有も

米ウォルマートは、インドの電子商取引市場をリードするフリップカート・オンライン・サービシズの株式過半数を少なくとも120億ドル(約1兆3000億円)で取得する合意に近づいている。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、米アマゾン・ドット・コムへの身売りの可能性が一時検討されたが、現在はフリップカートの大株主全てが、ウォルマートによる買収案の協議に関与しているという。

  関係者によれば、タイガー・グローバル・マネジメントがフリップカート株の持ち分20%のほぼ全てを手放し、ソフトバンクグループも持ち分20%強のかなりの部分を売却する見通し。

  関係者によると、ウォルマートはフリップカート株式の60-80%を最終的に保有する可能性が高く、同社の企業価値は約200億ドル相当と評価されることが予想される。

  ウォルマートはコメントを控えている。フリップカートにコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

原題:Walmart Is Said Close to $12 Billion-Plus Deal for Flipkart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE