ドル・円は上昇、北朝鮮緊張緩和や米金利上昇で一時108円台に接近

更新日時
  • 午前に一時107円89銭と2月以来の高値を更新
  • ドル・円は北朝鮮情勢や米金利上昇が支え-FPG証

東京外国為替市場のドル・円相場は約2カ月ぶりの高値を更新し一時108円に接近した。北朝鮮が核・大陸間弾道ミサイル(ICBM)実験停止を発表し緊張緩和の雰囲気が出ていることに加え、米長期金利が2014年1月以来の水準に上昇したことがドル買いの支援材料となった。

  ドル・円相場は23日午後3時17分現在、前週末比0.2%高の107円82銭。朝方に107円63銭を付けた後から上昇基調を強め、一時は107円89銭と2月21日以来のドル高値を付けた。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は5営業日続伸。

  FPG証券の深谷幸司社長は、「北朝鮮情勢が前に進むかもしれないとの見方からドル・円は強めに始まった。インフレ懸念から米長期金利が3.0%近くまで上昇したこともあり、しっかり」と説明。もっとも、「米株安の警戒感に対して米長期金利上昇がサポートとミックス。リスク選好ながらも手放しという訳でもなく、やや抑えられている」と語った。

  21日の朝鮮中央通信(KCNA)報道によると、北朝鮮は核兵器開発の目標を達成し、さらなる核実験とICBMの実験を停止すると金正恩朝鮮労働党委員長が表明した。

北朝鮮の核・ICBM実験停止についてはこちらをご覧下さい。

  トランプ大統領は21日、ツイッターで、これを「大きな進展だ」と評価し、5月か6月に開催される可能性のある米朝首脳会談を楽しみにしていると発言。ただ、22日のツイッターでは「北朝鮮については結論には程遠い。うまくいくかもしれないし、そうでないかもしれない。時間が経たなければ分からない」と指摘し慎重な姿勢も示した。

  米10年債利回りは23日の時間外取引で一時2ベーシスポイント(bp)上昇の2.98%程度と2014年1月9日以来の高水準を付けた。

  みずほ証券の鈴木健吾チーフFXストラテジストは、「米10年債利回りが3%乗せもあり得る状況。3%に乗せた後の米株の反応に注目したい。足元金利の上昇を嫌気する動きもあるが、2月の急落のような混乱は回避できると思う」と述べた。

  今週は、26日に欧州中央銀行(ECB)政策委員会、26、27日に日銀金融政策決定会合、27日に南北首脳会談、1-3月期の米国内総生産(GDP)速報値発表など市場関係者が注目するイベントが続く。

  ユーロ・ドル相場は同時刻現在、前週末比0.1%安の1ユーロ=1.2278ドル。前週末には一時1.2250ドルと6日以来のユーロ安・ドル高水準を付けた。

  FPG証の深谷氏は、「今週のECB会合ではどの程度、強気のスタンスになるかに注目」と指摘。「物価上昇の勢いが鈍っており、慎重なスタンスとなれば、ユーロ高が抑制され、ドルを支える要因になるかもしれない。市場は今年中に量的緩和を終了し、その先に利上げと織り込んでいる。ECBが市場より慎重なスタンスになれば、ユーロ・ドルは下に行くかもしれない」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE