日銀は異次元緩和に引き続き全力傾けるべき: IMFブレック氏

  • アジア太平洋局のブレック副局長がインタビューで語った
  • 日銀が発するメッセージは簡潔かつ明快でなければならない

Bank of Japan headquarters in Tokyo. 

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

国際通貨基金(IMF)アジア太平洋局のオッドパー・ブレック副局長は、日本銀行は依然として程遠い物価目標を達成するため、異次元緩和に引き続き全力を傾けるべきだとの見方を示した。

  ブレック副局長は19日のインタビューで、「意思の伝達は簡潔かつ明快でなければならない。2%上昇の物価目標達成にコミットし、その実現に必要な政策を導入するとのメッセージである必要がある」と語った。

  二期目に入った日銀の黒田東彦総裁には、出口戦略の説明を求める声も強まっている。2%の物価目標が依然として達成に程遠く、バランスシートが日本の国内総生産に匹敵するほどの規模に近づいているため、金融政策の持続可能性を巡る懸念があるためだ。

  ブレック氏は「日本の金融政策は期待を変化させることにかなりの焦点を絞っている。日銀が直面する主な課題は、インフレ期待を2%に再び固定することだ。この観点から考えると、現状維持に対する強い姿勢を日銀が発信していくことは正しい」と話した。

原題:IMF Says Bank of Japan Should Stick to Path on Inflation Target(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE