スイス中銀総裁:金融政策の調整、現時点で必要ない-フラン下落でも

スイス国立銀行(中央銀行)のヨルダン総裁は、スイス・フランが節目となる下値を付けたものの、金融政策の調整を「急がない」との考えを明らかにした。細心の注意を要する状況が続いているためだと説明した。

  ヨルダン総裁は19日、ワシントンでブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、「金融政策に関しては、現時点で何もする必要がない」と発言した。

  インタビューの数時間前にスイス・フランは1ユーロ=1.20フランの水準を割り込んでいた。中銀は同水準に設定していたフラン相場の上限を2015年1月に撤廃。フランは以来、これを上回って推移していた。

原題:Jordan Sees No Need for SNB Policy Shift Despite Lower Franc (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE