英労働党、与党保守党の造反議員と協力へ-EU関税同盟に残留目指し

英野党の労働党は英国の欧州連合(EU)離脱問題でメイ英首相を抑え込もうと保守党の造反議員と連携する方針をこれまでで最も明確にした。メイ政権崩壊につながりかねない政治危機を招く恐れもある。

  労働党のEU離脱問題担当スポークスマンを務めるキア・スターマー下院議員はブルームバーグのロンドン支局でインタビューに応じ、メイ首相の貿易法案の1つについて、EU貿易ルールの維持を首相に迫る修正案を来月にも見込まれる審議で労働党が支持する方針を示した。

  メイ首相は独立した貿易政策を策定し、米国やオーストラリアなどの国と協定を結ぶため、EU関税同盟からの脱退を約束している。EU貿易ルールの束縛をなくすことはジョンソン外相らEU離脱支持派の要求の柱で、強硬な離脱支持派はメイ首相が約束通り関税同盟から脱退できなければ政権への支持を取り下げることも辞さない考えを示唆している。

  一方、労働党や財界リーダー、EU寄りの保守党議員らは、英国が関税同盟に残留することを求めており、脱退すれば国内産業が苦戦し、雇用が失われ、アイルランドとの国境を越える製品について予想される税関検査が和平を損ないかねないと指摘している。

原題:Labour Will Work With Tory Rebels to Fight for EU Customs Union(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE