ヘッジファンドへの資金流入増加、イベントドリブン型好調-1~3月

  • ヘッジファンドへの純流入額は11億ドル、純流入は4四半期連続
  • 株式ヘッジファンドからは66億ドルが流出、全体の流入増を抑制

ヘッジファンドへの資金流入は1-3月(第1四半期)に増加した。業界調査会社ヘッジファンド・リサーチ(HFR)によると、投資家が合併やアクティビズムのほか、市場間の価格差に注目するレラティブバリュー戦略を専門とするファンドへの投資を増やしたためだ。

  HFRが19日発表したリポートによると、第1四半期のヘッジファンドへの純流入額は計11億ドル(約1200億円)。純流入は4四半期連続となる。昨年の純流入額は年間ベースで約100億ドルだった。

  リポートによれば、世界のヘッジファンドの運用資産総額は45億ドル増加し過去最大の3兆2200億ドルに達した。第1四半期には企業イベントを投資機会と捉えるイベントドリブン型ファンドへの資金流入が最も多く44億ドル。レラティブバリュー戦略には23億ドルが流入した。

  数年にわたって運用成績低迷が続いた上、手数料が高水準にある中、資産運用者はヘッジファンドへの投資を渋っている。投資家がより割安でパッシブ型の指数ファンドに移行しているため、特に株式ヘッジファンドは精彩を欠いている。

  リポートによると、株式ヘッジファンドからは66億ドルが流出し、ヘッジファンド全体への資金流入の増加が抑制された。 

原題:Event-Focus Hedge Funds Drive Inflows in First Quarter, HFR Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE