ヘッジファンド、3月も運用成績マイナス-2カ月連続は2年ぶり

ヘッジファンドの運用成績は3月に、前月に続いてマイナスとなった。2カ月連続のマイナスは2016年1、2月以来。貿易戦争懸念やテクノロジー株不調、米利上げがS&P500種株価指数を月半ばの高値から押し下げ、ヘッジファンドの運用成績は年初来でもマイナスになった。

  ブルームバーグ・ヘッジファンド・データベースによると、1-3月の成績はマイナス0.56%。2017年12月-18年2月はプラス1.42%だった。3月単月はマイナス0.75%。2月は2.19%のマイナスだった。

  債券ファンドは2種類の戦略の両方とも3月はマイナス0.1%だったが1-3月ではプラス圏を維持。ディレクショナル戦略は0.75%、レラティブバリュー戦略は1.03%のプラスとなった。

  CTA・マネージドフューチャーズの1種である通貨戦略は3月にマイナス6.33%と、最悪のパフォーマンスだった。1-3月ではマイナス14.7%。

First Quarter Hedge Fund Strategy Returns

Hedge Fund returns slip into the red after second straight month of decline

Source: Bloomberg

原題:Hedge Funds Drop in March, First Consecutive Decline in 2 Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE