ポイント72、シュウェフェル氏が共同CIOに-コーエン氏と役割分担

  • シュウェフェル氏はSACキャピタル・アドバイザーズに08年に入社
  • ポイント72は今年に入り32億6000万ドルの資金を外部から集めた

ヘッジファンド運営会社ポイント72アセット・マネジメントのオーナー、スティーブン・コーエン氏は、最高投資責任者(CIO)の役割をベテラン運用担当者であるハリー・シュウェフェル氏と分担する。

  ポイント72の広報担当者によれば、同社は消費関連株が専門のシュウェフェル氏を共同CIOに起用することを決めた。関係者の1人によると、インサイダー取引事件で刑事責任を問われ、閉鎖に追い込まれたSACキャピタル・アドバイザーズに2008年に入社したシュウェフェル氏は、コーエン氏の下で長年マネジャーを務めてきた。ポイント72は32億6000万ドル(約3500億円)の資金を外部から集めたという。

原題:Point72 Appoints Harry Schwefel as Co-CIO Alongside Steve Cohen(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE