イールドカーブ記録更新か、11日連続フラット化は前代未聞-チャート

  5年物と30年物の米国債の利回り格差は18日も縮小し、約29ベーシスポイント(bp)となった。イールドカーブのフラット化は9営業日連続だった。1992年までさかのぼるブルームバーグのデータによると、スプレッドが10営業日連続で縮小したことは数回しかなく、11営業日連続なら史上初めてとなる。FTNファイナンシャル・キャピタル・マーケッツのストラテジスト、ジム・ボーゲル氏は、 「イールドカーブが毎日フラット化し続けることなどあり得ないが、これを試そうとしているのは確かだ」と述べた。

原題:U.S. Yield Curve Nears an Unprecedented Flattening Streak: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE