米キャロウェイゴルフ株急落-DAが投資判断下げ、春先の寒さ響く

18日の米株式市場でキャロウェイゴルフ株は急落。DAデービッドソンのアナリスト、アンドルー・バーンズ氏が投資判断を「買い」から「中立」に引き下げた。

  冬の寒さ長期化でシーズン初期のコース訪問が落ち込んでいることが、販売促進活動の拡大とゴルフ用品の販売機会の減少につながる可能性があると、バーンズ氏はリポートで指摘。寒さのほか、タイトリストなど競合ブランドの新製品の好調も、キャロウェイ株の上昇余地を抑える可能性があると分析した。

  キャロウェイ株は一時7.7%安と、取引時間中としては2017年2月以来の大幅な下げとなった。年初から前日終値までは27%上昇していた。

原題:Golf Prospects Hurt by Chilly Spring, Sending Callaway Tumbling(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE