米大統領と安倍首相:2国間通商協議強化を約束-米はTPPに含み

更新日時
  • 安倍首相はTPPが「両国にとり最善」という日本政府の立場を説明
  • 拒否できない申し出があれば、TPPに復帰するとトランプ大統領

安倍首相とトランプ大統領

hotographer: MANDEL NGAN/AFP

トランプ米大統領と安倍晋三首相は18日、両国間の通商協議の強化を約束した。主要な貿易パートナーである多くの国との通商合意の見直しを米国は目指している。

  トランプ政権が先月発表した鉄鋼・アルミ関税について、日本を適用除外の対象に含めるよう安倍首相が求めているのに対し、トランプ大統領は、米国の対日貿易赤字の縮小につながる合意を要求。日本を含む同盟国への軍事装備品の販売を促進する方法を見いだしたいと大統領は述べた。

  トランプ大統領はフロリダ州に所有する高級リゾート、マールアラーゴでの安倍首相との首脳会談後に行った18日の共同記者会見で、「米国は自由かつ公正で互恵的な貿易にコミットしている。これは非常に重要な言葉だ。また、われわれの素晴らしい国がどちらも恩恵を得られる2国間の貿易協定の推進にコミットしている」と語った。

  安倍首相は、米国が2国間合意に関心を持っていることは承知しているとしながらも、多国間の環太平洋連携協定(TPP)こそが「両国にとって最善」という日本政府の変わらない立場を説明した。2017年の米国の対日貿易赤字は700億ドル(約7兆5000億円)に上り、トランプ大統領は「フェアでない」と主張している。

安倍晋三首相との共同記者会見で、TPPについて話すトランプ米大統領

(出所:Bloomberg)

  トランプ大統領はTPPについて、「TPPへの復帰を私は望まないが、米国の利益のために拒否できないような申し出があれば、そうするだろう」と言明した。大統領は17日遅くに「日本と韓国はわれわれが復帰することを望んでいるが、TPPは米国にとって好ましくない」とツイート。「2国間合意の方が、われわれの勤労者にとってはるかに効果的かつ利益にかない、より望ましい」との見解を示した。

藤崎一郎元駐米大使

(出所:Bloomberg)


原題:U.S. and Japan to Intensify Bilateral Trade Talks Amid Tariffs(抜粋)

(トランプ大統領のTPPに関する発言などを追加して更新します)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE