トランプ大統領、対ロシア追加制裁近く打ち出す計画ない

  • 追加制裁、将来では可能性あるが今はない-関係者
  • ロシア外務省当局者:在米大使館に追加制裁ないと連絡あった

U.S. President Donald Trump, left, and Nikki Haley, U.S. ambassador to the United Nations (UN), listen during a panel discussion at the UN General Assembly meeting in New York.

Photographer: Caitlin Ochs/Bloomberg

トランプ米政権がロシアに対して近く追加制裁を科す計画はないと、事情に詳しい関係者2人が明らかにした。対ロシア追加制裁を巡っては、過去数日に米政権内から相反する発言が続いていた。

  匿名を条件に語った関係者によると、トランプ大統領はロシアに対する懲罰的な措置の追加を承認しておらず、大統領側近らも正式には勧告していない。大統領は将来、追加的な措置を打ち出す用意があるものの、現段階ではないと関係者は付け加えた。

クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は17日、トランプ政権がロシアへの追加制裁を検討しているが、この件について公言したヘイリー米国連大使は「先走った」と指摘

(出所:Bloomberg)

  対ロシア追加制裁について、米国のヘイリー国連大使は15日、翌日にもムニューシン財務長官が発表すると言明。だが、クドロー米国家経済会議(NEC)委員長らが軌道修正を図っていた。

  一方、ロシア外務省の当局者は18日、在米ロシア大使館にトランプ政権から追加制裁の計画はないとの通知があったと話した。

原題:Trump Is Said to Have No Immediate Plan for New Russia Sanctions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE