EU大統領:英離脱移行期の合意、アイルランド国境問題解決が大前提

  • トゥスクEU大統領、英国に具体的な解決策の提案を迫る
  • EUは英国の強硬な離脱に備え、法改正などで準備-FT

欧州連合(EU)のトゥスク大統領は英国に対し、EU離脱後に同国領北アイルランドとアイルランド共和国との間で厳しい審査を伴う国境設置を防ぐための具体的な方策を提案するよう圧力を強めた。この問題の解決がない限り、移行期間を含む全ての合意は無効になると警告した。

  トゥスク氏は18日、ストラスブールの欧州議会で「英国によるEU離脱の決定がこの問題を引き起こした」とし、「英国が問題解決を後押しする必要がある」と発言。「この解決がなければ、離脱協定も移行期の合意もあり得ない」と言明した。

  英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が匿名のEU外交官の話として報じたところによると、欧州委員会は英国が合意なしにEUを離脱せざるを得なくなる場合に備え、法を改正しEU規制当局に特別な権限を付与する30-40の提案の草稿を作成した。貿易割当量や自動車業界、運輸会社、宇宙開発、金融サービス、専門資格などを中心に幅広い範囲を対象にしているという。

原題:Brexit Transition Is No Go Without Irish Border Answer, EU Says(抜粋)
EU Is Said to Prepare Law Amendments in Case of Hard Brexit: FT

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE