ユーロ圏:3月インフレ率、速報から下方修正-ECBは来週決定会合

  • 3月CPI改定値は前年同月比1.3%上昇、速報は1.4%上昇だった
  • ECBは来週の政策委員会で金融緩和縮小について議論へ

ユーロ圏の3月のインフレ率改定値は速報値から下方修正され、来週の政策委員会で量的緩和(QE)の段階的解除について話し合おうとしている欧州中央銀行(ECB)にとってハードルが高くなった。

  欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が18日発表した3月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)改定値は前年同月比1.3%上昇。インフレ率は2月の1.1%から上昇したものの、速報の1.4%からは下方修正された。

  食品や燃料など変動の大きい品目を除いたコアインフレ率は3カ月連続で1%。

原題:Euro-Area Inflation Revised Lower as ECB Prepares Policy Meeting(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE