仏ダノン:1-3月は4.9%増収-乳製品・粉ミルク需要が寄与

フランスの乳製品メーカー、ダノンの1-3月(第1四半期)は増収となった。世界の乳製品販売が回復したほか、中国での粉ミルク需要が伸びた。

  18日の発表によると、売上高は継続事業ベースで前年同期比4.9%増と、1-3月期の増収率として2013年以来の高水準。アナリスト予想は4%増だった。販売量は1.1%増で、アナリストは減少を見込んでいた。

  ダノンは今年の1株利益について、為替変動を除いたベースで2桁台の伸びとの見通しを据え置いた。

原題:Danone’s First-Quarter Sales Growth Boosted by Dairy, Baby Food(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE