米朝首脳会談、候補地の可能性が考えられる9都市-地図

トランプ米大統領は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談の場として、5つの都市を候補に考えている。時期は「6月上旬またはそれ以前」を考えているという。

  トランプ大統領は17日、フロリダ州に所有する会員制高級リゾート、マールアラーゴで安倍晋三首相とともに記者会見したが、米朝会談の場所は具体的に示さなかった。事情に詳しい関係者はスイスのジュネーブやアジアと東南アジアの複数の都市を候補に挙げる一方、北京や平壌、ソウル、板門店の可能性はないと述べた。

  米朝会談があり得る候補地はバンコク、ジュネーブ、ヘルシンキ、シンガポール、ストックホルム、オスロ、プラハ、ワルシャワ、ウランバートル(アルファベット順)で以下の通り。

原題:Here Are Nine Potential Locations for the Trump-Kim Summit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE