中国:3月新築住宅価格、前月比上昇率が加速-住宅抑制策続く中

更新日時
  • 70都市の新築住宅価格は前月比0.42%上昇-2月は0.25%上昇
  • 3月に上昇した都市数は55都市、2月は44都市だった

中国の3月の新築住宅価格は3カ月ぶりの大きな上昇となった。政府は2年にわたる住宅市場の沈静化に向けた取り組みを継続している。

  国家統計局の18日の発表を基にブルームバーグが推計したところ、調査対象の70都市の新築住宅価格は前月比0.42%上昇。2月は0.25%上昇だった。70都市のうち上昇した都市数は55都市。2月は44都市だった。

  新築住宅価格の伸びが最も大きかったのは購入抑制策が比較的緩い小規模都市の3級都市で、0.94%上昇。中国当局のスラム再開発策も需要を押し上げた。当局は全国的に不動産市場の過度な減速を招かずに価格を抑制することを目指している。

  ブルームバーグの推計によると、大都市の新築住宅価格は平均0.1%上昇と、8カ月ぶりに値上がりした。都市別では上海と広州が0.2%上昇。北京も0.1%上昇した一方で、深圳は0.1%下落した。

原題:China’s Home Price Gains Accelerate Led by Smaller Cities (1)(抜粋)

(3段落目以降を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE