Photographer: Andrew Harrer

景気後退の前兆、「逆イールドは想定せず」:サンフランシスコ連銀総裁

Photographer: Andrew Harrer

米サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁は、当局は漸進的に利上げしており、逆イールドが起きることはないとの認識を示した。総裁は6月にニューヨーク連銀の総裁に就任する。

ウィリアムズ総裁

bloomberg

  ウィリアムズ総裁はマドリードで17日、逆イールドは「リセッション(景気後退)の強いシグナル」であり、歴史的に見て「金融当局が引き締めサイクルにあり、市場が景気見通しへの信頼感を失っている時」に発生したと指摘。その上で、今はそのような状況ではないと続けた。

  総裁は「イールドカーブのフラット化はこれまでのところ通常の動きの一部だ。当局が利上げする中で長期金利はやや上昇した。イールドカーブがフラット化するのは全く正常なことだ」と述べた。

  利上げペースの若干の加速を市場が織り込む中で、米2年債と10年債の利回り差はここ10年余りで最小となっている。だがウィリアムズ総裁は「逆イールドの兆候はまだ見られない」と述べた。

原題:Fed’s Williams Says Inverted Yield Curve Powerful Recession Sign(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE