Photographer: John Taggart

相場のうたげは「終わりに近い」-モルガン・スタンレーが警告

  • 米国市場は最良のシナリオを織り込み済み、下げ相場に対して準備を
  • 米国株は年内に高値、バリュエーションはピーク過ぎた可能性
Photographer: John Taggart

景気サイクルの終わりが近づき、米国市場は既に最良のシナリオを織り込み済みであるため、投資家は下げ相場に対して準備する必要があると、モルガン・スタンレーが警戒を促した。

  マイケル・ジーザス、マシュー・ホーンバック、アンドルー・シーツ氏らモルガン・スタンレーのストラテジストは17日付けのリポートで、財政出動が短期的には成長を後押しするが、その効果はすでに「織り込み済み」の公算が大きく、景気サイクルの終わりに際し相場が下落に向かう可能性が高まっていると指摘。米国株のバリュエーションは税制改革成立前にピークを経過。株価は年内、企業の実質的な利益の伸びや利益率も今年終盤か来年初めにそれぞれピークに達する見通しという。

  このリポートでジーザス氏らは「うたげが始まったばかりであるかのように振る舞う理由は減っている」とし、市場は「うたげの始まりよりも、終わりに近い」と述べた。

  リポートではまた、米政府の財政拡大は株式のレンジ相場と米国債利回りのフラット化を後押しすると説明した。

  「景気サイクルの後期に差し掛かり相場の選別色が強くなるため、業種別あるいは個別銘柄の材料に注目するよう勧める。当社の見方では、株価は年内に景気循環のピークに達する」と予測。「米国債については連邦準備制度による利上げで利回り曲線のフラット化が進み、月を追うに従って経済見通しがまちまちとなってくるため利回りが低下に向かうだろう」との見方を示した。

原題:Morgan Stanley Warns Markets the Best Times May Be Near an End(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE