4月17日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドル反発、好調な企業決算や経済データでリスク選好

  17日のニューヨーク外国為替市場ではドルが反発。好調な米企業決算や経済データ、金融当局者の発言を受け、リスク選好が強まった。ただロシアに対する追加制裁の懸念から、ドルの上値は抑えられた。

  ブルームバーグのドル指数は一時0.2%上昇したが、その後上げを縮めた。クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は、トランプ政権がロシアへの追加制裁を検討していると述べた。

  一方でスイス・フランは主要10通貨全てに対して下落。株価上昇を手掛かりにモメンタム取引が活発になった。

  ニューヨーク時間午後4時40分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%高。ドルは対円で0.1%安の1ドル=107円02銭。ユーロは対ドルで0.1%下げて1ユーロ=1.2374ドル。

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)のストラテジスト、アタナシオス・バンバキディス氏は「主要10通貨は極めて狭いレンジでの推移が続いており、出来高は歴史的低水準にある。ただドルは現在のところ、他の通貨との動きのずれが最も大きい」とし、「われわれは年内のドル上昇、特にユーロに対する値上がりを引き続き楽観している」と続けた。

  ドルはまた、ムニューシン財務長官の発言にも支えられた。長官は通貨切り下げゲームに言及したトランプ大統領の16日のツイートについて、ドルの押し下げを意図したものではなく、中国とロシアに対する「警告射撃」だと説明した。

  サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁は、貿易を巡る最近の対立について、自身の見通しを変えてはいないが、不確実性が生まれたと説明。また資産価格は高いがバブルではないとも指摘した。フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は、現在の失業率について、自然失業率かそれを下回っているとの認識を示した。

  また朝方発表された経済データを手掛かりにリスク選好が強まった。3月の米住宅着工件数は市場予想を上回り、前月の数字は上方修正された。また3月の鉱工業生産指数は前月比0.5%上昇。市場予想は0.3%上昇だった。

欧州時間の取引

  欧州時間にはユーロが下落。ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がまとめた4月の独景況感指数が低調だったことが響いた。またポンドはドルに対して一時上昇したが、その後は英国の賃金統計が期待外れな内容となったことから下げに転じた。
原題:Dollar Rebound Capped by Russia Sanction Threat: Inside G-10(抜粋)

◎米国株・国債・商品:株が続伸、企業決算好調で貿易懸念後退

17日の米株式相場は続伸。業界大手が予想を上回る決算を発表し、底堅い経済が企業利益を押し上げていることが示された。米国債は長期債が上昇する一方で短期債が下落。利上げ見通しと、落ち着いたインフレおよび経済成長水準の両方が引き続き市場の注目を集める中、長短利回り格差が2007年以来の水準まで縮小した。

  • 米国株は続伸、S&P500種は100日移動平均上回る-決算好調で
  • 米国債は長期債が上昇、短期債下落-イールドカーブはフラット化
  • NY原油は反発、中東リスクは後退もOPEC会合控え減産延長観測
  • NY金は反落、企業決算が好調で株買い強まる

  S&P500種株価指数は100日移動平均線を上回り、4週ぶり高値に達した。1-3月契約者数の伸びがアナリスト予想を上回ったネットフリックスは大幅高となり、ハイテク株の上昇に寄与した。ユナイテッドヘルス・グループも好決算発表を手掛かりに値上がりした。

  S&P500種株価指数は前日比1.1%高の2706.39。ダウ工業株30種平均は213.59ドル(0.9%)上げて24786.63ドル。ニューヨーク時間午後4時35分現在、米10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)未満低下し2.82%。

  ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は反発。終値でバレル当たり66ドルを上回って引けた。中東での衝突を巡る警戒は和らいだ一方、石油輸出国機構(OPEC)の会合を20日控えて減産措置を延長するとの観測が浮上する中、日中はもみ合いの展開だった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は前日比30セント(0.5%)高の1バレル=66.52ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント6月限は16セント上げて71.58ドル。

  ニューヨーク金先物相場は3営業日ぶり下落。複数の大手企業の決算が市場予想を上回ったことから、株式を買う動きが活発になった。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比0.1%安の1オンス=1349.50ドルで終了。一時は0.8%値下がりする場面もあった。

  米中貿易関係を巡る新たな展開があったが、一連の企業決算発表で影響は薄れた。中国の通信機器メーカーである中興通訊(ZTE)に対し米国が技術輸出禁止措置を講じたことに対し、中国は報復を検討していることを明らかにした。これとは別に中国は、2022年までに自動車合弁の外資出資制限を撤廃すると発表、自動車株を押し上げた。

  ロックウッド・アドバイザーズの最高投資責任者(CIO)、マット・フォレスター氏は電話で「市場は決算シーズンに上昇する傾向があり、そうした楽観論やセンチメントの一部が今、市場に表れてきたようだ」と指摘。「金曜の夜にはシリアに対するミサイル攻撃があり、政治関連の材料が数多かった。だがいま火曜午後を迎え、そんなことは誰の頭にもない」と語った。

  米国債は長期債が買われ、イールドカーブのフラット化が午後の取引で加速した。5年債と30年債の利回り差は8営業日連続で縮小した。
原題:Earnings Spur Stocks as Trade Woes Take Back Seat: Markets Wrap(抜粋)
Treasuries Bull Flatten; Curves Hit Fresh Multi-Year Lows(抜粋)
Oil Resumes Advance Amid Hints That OPEC May Extend Output Cuts(抜粋)
PRECIOUS: Gold Slides as Strong Earnings Drive Demand for Stocks(抜粋)

◎欧州債:イタリア債やドイツ債が上昇、独ZEW景況感が低調で

  17日の欧州債市場では、イタリア国債が全般的に上昇を続けた。ドイツ国債先物は上げを加速。ロンドンを拠点とするトレーダーによると、ZEWが発表した4月の独景況感指数が弱かったことでストップロスが誘発された。

  ドイツ国債先物6月限はロンドン時間午後に大口のブロック取引が入った後で上値を伸ばし、20ティック上昇の159.35。ドイツ10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.51%。

  トレーダーの1人によると、イタリア債は供給がないことやポピュリスト政権成立のリスク後退が相場を後押ししている。10年債利回りは5bp低下の1.76%。
原題:Italy Leads Gains as EGBs Advance; End of Day Curves,Spreads(抜粋)

(NY外為、米国株・国債・商品を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE