Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

ヘッジファンドのツーシグマ、AI強化へ元グーグル科学者を採用

  • シュスター氏、AIプロジェクトを束ねる新チームを率いる
  • グーグル時代はアンドロイドの音声機能やグーグル翻訳手掛ける

クオンツ運用ヘッジファンドのツーシグマが人工知能(AI)の活用を強化するため、グーグルでAIを研究する「グーグル・ブレイン」チームのメンバーだった科学者のマイク・シュスター氏を採用した。

  運用規模520億ドル(約5兆5700億円)のツーシグマで先週勤務を開始したシュスター氏は、社内に散らばったマシンラーニング(機械学習)やディープラーニング(深層学習)のような領域におけるAIプロジェクトを束ねるため、プログラマーとエンジニアの新チームを率いる。同チームはこの領域の技術進化にも焦点を絞る。

  シュスター氏の直属の上司はグーグル出身で最高技術責任者(CTO)を務めるアルフレッド・スペクター氏。両氏はグーグル在籍時に一緒に働いていた。

  金融機関とシリコンバレーとの間で有能な人材の獲得競争が激しさを増す中、ツーシグマは経験豊富で希少なAIの専門家を獲得した。シュスター氏のリンクトインのプロフィルによると、同氏はシニアスタッフ・リサーチ・サイエンティストとしてアルファベット傘下のグーグルに12年間勤務。機械学習とニューラルネットワーク(神経回路網)の基礎研究に従事し、基本ソフト(OS)「アンドロイド」の音声認識システムやグーグル翻訳を手掛けた。

原題:Two Sigma Hires Google Scientist Mike Schuster for AI Expansion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE