スタバが信頼回復に躍起-店内での顧客逮捕にCEOが謝罪

  • スターバックス店内で男性2人が待っていた後、警察が呼び出された
  • 同社は長年にわたり社会正義を追求してきたと自負

The Starbucks Corp. logo

Photographer: Brent Lewin
Photographer: Brent Lewin

長年にわたり社会正義に取り組んできたと自負していた米スターバックスは、フィラデルフィアの店舗で黒人男性客2人が逮捕される事件が起きたことを受け、信頼回復に躍起になっている。

ケビン・ジョンソンCEO

撮影:Mike Kane / Bloomberg

  この事件は、男性2人がスターバックスのテーブルで注文せずに待っていたところに警官が呼ばれた。ケビン・ジョンソン最高経営責任者(CEO)は週末に発表した声明で事件について謝罪し、「非難すべき結末」だったと指摘した。

  ジョンソンCEOはその後、動画メッセージでスターバックスの企業方針や慣行を見直す意向を表明。無意識の偏見などに関する店長への研修を強化する可能性があると述べた。

  また、スターバックスは電子メールで、フィラデルフィアの店舗の店長がもはや同店で勤務していないことを認めた。ジョンソンCEOはこれ以前に、店長には責任がないと説明していた。

Social Backlash

Starbucks is facing its biggest social-media outcry so far this year

Source: Bloomberg

フィラデルフィアのスターバックス・センターシティ店に集まった抗議者(4月15日)

撮影:マーク・マケラ/ゲッティイメージズ

  ジョンソンCEOはまた、逮捕された2人の男性に会って直接謝罪したいと表明。「われわれはこれに対応することで、さらに良い会社になる」と述べた。

原題:Starbucks Comes Under Scrutiny After ‘Reprehensible’ Arrests (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE