英バークレイズ、仮想通貨デスク開設巡り顧客の関心探る-関係者

  • これまでに予備的な需要および事業化調査のみを実施-関係者
  • 仮想通貨トレーディングを始める具体的な計画はない-バークレイズ

英銀バークレイズは、行内に仮想通貨のトレーディングデスクを開設することへの顧客の関心を見極めていると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。ウォール街の新たなビジネスの開拓において米ゴールドマン・サックス・グループの後に続く可能性がある。

  情報は未公表だとして匿名を条件に語った関係者によると、バークレイズはこれまでに予備的な需要および事業化調査のみを実施した。同行は16日、現時点でこうした業務を始める具体的な計画はないと述べた。

  同行の広報担当アンドルー・スミス氏は電子メールで「われわれはデジタル通貨空間の動向を常に注視しており、この市場のニーズと目的について顧客と対話を続けていく」と説明した。

  関係者の1人によると、この資産クラスの目新しさを踏まえると、仮想通貨デスクを設置するには投資銀行部門責任者のティム・スロスビー氏の承認が必要になるとみられ、さらにジェス・ステーリー最高経営責任者(CEO)の承認も要する可能性がある。欧州の大手投資銀でこうしたデスクを設置したケースはまだない。 
   
原題:Barclays Is Said to Be Sounding Out Clients About Trading Crypto(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE