中国人民銀:一部銀行の預金準備率を1ポイント引き下げ-25日から

中国人民銀行(中央銀行)は17日、一部の銀行の預金準備率を1ポイント引き下げると発表した。変更は25日から適用される。

  引き下げの目的は中小企業の支援と銀行システム内の安定的な流動性の確保、構造改革だと、中銀が17日遅くの声明で説明した。

  中銀によると、準備率引き下げの対象は大手商業銀行と株式制商業銀行、都市と農村部の商業銀行、外国銀行。

  中銀は同日の別の声明で、準備率引き下げによって中期貸出制度(MLF)の下での借入金返済の負担が軽減されるとも説明した。

  現在の預金準備率は大手商業銀行向けが17%。

原題:PBOC Says Reserve Requirement to Be Reduced for Some Lenders(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE