ホンダ、ブラジル新四輪車工場で19年に生産開始-スマレ工場から移管

  • イチラピーナ市の新四輪車工場は15年の完成後、稼働を延期していた
  • スマレ工場からの生産移転は21年に完了する予定

ホンダのブラジルにおける四輪車生産販売子会社ホンダオートモーベイス・ド・ブラジル・リミターダ(本社サンパウロ州スマレ市)は、2015年に完成した後、稼働を延期していた新四輪車工場(サンパウロ州イチラピーナ市)で19年から生産を開始すると発表した。

  同社は既存のスマレ工場での完成車生産を新工場に移管する。生産移転は、21年に完了する予定。

原題:Honda’s Never-Used, Three Year-Old Factory Finally Starting Up(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE