4月16日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎【NY外為】ドル下落、中ロは「通貨切り下げゲーム」とトランプ氏

  16日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが下落。午後は今月の安値付近での推移となった。一方で円は上昇。市場では当初、ロシアと中国が自国通貨を押し下げているとのトランプ大統領のツイートが材料視されたが、その後注目は企業決算や金融政策当局者の発言、経済データに移った。

  トランプ大統領は朝方、米国が利上げをしている時期に中国とロシアが「通貨切り下げゲーム」を行っているとし、「容認できない!」とツイートした。ドルはニューヨーク時間、軟調なスタートとなったが、その後も下げを拡大した。ドルは当初ユーロや商品通貨に対して下げたが、その後、米国債利回りが上げを縮める中で円に対しても下落した。このほか月半ばのポートフォリオ調整も相場の動きに影響した。一方、トランプ大統領がロシアに対する追加制裁の計画を取りやめるとの報道を手掛かりにルーブルは上昇した。

  ニューヨーク時間午後4時59分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前週末比0.3%安。ドルは対円では0.2%下落の1ドル=107円12銭。対ユーロでは0.4%値下がりし1ユーロ=1.2380ドル。

  朝方発表された米経済指標は強弱まちまちだった。4月のニューヨーク連銀製造業景況指数は15.8に低下し、市場予想(18.4)も下回った。一方で3月の小売売上高は前月比0.6%増で、伸びは市場予想を上回った。ただ自動車とガソリンを除いたベースの小売売上高は予想を若干下回った。また全米ホームビルダー協会(NAHB)とウェルズ・ファーゴが発表した4月の米住宅市場指数は69に低下した(市場予想は70)。

  ダラス連銀のカプラン総裁は、米国の債務比率が高いため、米経済は金利上昇の影響を受けやすくなっていると論文で指摘した。またニューヨーク連銀のダドリー総裁はインフレ率が当局目標の2%を「相当の幅で」上回らない限り、金融当局は緩やかな利上げ軌道を維持するとの見通しを示した。

欧州時間の取引

  ドルは欧州時間も軟調。主要10通貨のうち9通貨に対して下げた。米小売売上高や金融当局者の発言を控え、慎重姿勢が広がった。またシリアの化学兵器使用疑惑に関連して米国がロシアに対する追加制裁を発表するとの報道にも反応し、ドルは売られた。
原題:Dollar Holds Losses After Trump Complains About Devaluation(抜粋)

◎米国株・国債・商品:S&P500種が1カ月ぶり高値、決算に注目

  16日の米株式相場は反発。地政学的緊張が後退し、好調が予想される企業決算シーズンに投資家の注目が移った。米国債はほぼ変わらず。長期債を中心に利回りは上昇したが、その後は上げ幅を縮小した。

  • 米国株は反発、S&P500種が約1カ月ぶり高値に
  • 米国債はほぼ変わらず、10年債利回りは一時2.86%となる場面も
  • NY原油は反落、3年ぶり高値から下げる-中東の緊張緩和
  • NY金は続伸、ロシア制裁の影響を意識-パラジウムは急上昇

  S&P500種株価指数は約1カ月ぶりの高値を付け、年初来の下げを埋めた。米国主導によるシリアへのミサイル攻撃を受けた報復行動がなかったことや、貿易を巡る懸念の後退を反映した。アマゾン・ドット・コムが医薬品販売計画を棚上げにしたとの報道を受けてヘルスケア株が上昇し、指数上昇に寄与した。

  S&P500種株価指数は前週末比0.8%高の2677.84。ダウ工業株30種平均は212.90ドル(0.9%)上げて24573.04ドル。ニューヨーク時間午後4時30分現在、米10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)未満上昇し2.83%。

  ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は6営業日ぶりに下落。中東での紛争を巡る懸念が和らぐ中、3年ぶり高値から下げた。トランプ米大統領は米英仏3カ国がシリアを攻撃した翌日、「任務は完了した」と宣言した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は前週末比1.17ドル(1.7%)安の1バレル=66.22ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント6月限は1.16ドル下げて71.42ドル。

  ニューヨーク金先物相場は続伸。対ロシア制裁や、米国が主導するシリアでの軍事攻撃の影響が意識された。ロシアへの制裁で供給減につながるとの観測からパラジウムは急伸、終値で2月以来の高値となった。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前週末比0.2%高の1オンス=1350.70ドルで終了。NYMEXのパラジウム先物6月限は2.3%高の1003.75ドル。

  フェデレーテッド・インベスターズのチーフ株式ストラテジスト、 フィリップ・オーランド氏は電話で、「決算はかなり良好となる見込みで、前年同期比の伸びは恐らく15-20%近くになる。それが今後2カ月、株価をけん引するだろう」と指摘。「シリア攻撃が決算または経済に影響を及ぼすとはみていない」と話した。

  米国債相場は30年債を除く指標銘柄が下落。短期債の下げが比較的大きく、イールドカーブはフラット化した。
原題:Stocks Rally as Investors Turn Focus to Earnings: Markets Wrap(抜粋)
Treasuries Mixed, Flatten as Long End Maintains Bid Over Session(抜粋)
Crude Oil Falls From Three-Year High as Mideast Tensions Ease(抜粋)
PRECIOUS: Palladium Surges as Russia Sanctions Fuel Supply Fears(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債先物が小動き、狭い取引レンジを維持

  16日の欧州債市場では、ドイツ債先物が朝方の下げを縮小。変動幅は53ティックで、低ボラティリティーが続いた。ドイツ債は最近値上がりしたものの、今月は大規模な償還資金の再投資が相場を支え、今のところレンジ内の動きを維持している。

  データによると、ECBの公的部門資産購入プログラムによる先週の純買い入れ額は前週比102億ユーロ増加。

  ユーロが上昇する中で、最近の原油高とインフレ期待の動きは一致しなくなっている。
原題:Bunds Maintain Recent Ranges; End-of-Day Curves, Spreads
(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE