コンテンツにスキップする

トイザラスに富豪ラリアン氏が救いの手-米・カナダ店舗の買収提案

  • 米国の店舗に6.75億ドル、カナダの店舗に2.15億ドル支払う方針
  • 買収は自己資金やUBSやBofAなど銀行から調達した資金で賄う

富豪のアイザック・ラリアン氏は、米玩具小売りチェーン、トイザラスの一部を清算から救済するために、米国とカナダの店舗を計8億9000万ドル(約960億円)で買収する提案を行った。同氏は「リトルタイクス」などの玩具を製造・販売する米MGAエンターテインメントの最高経営責任者(CEO)。

  13日の発表資料によると、ラリアン氏は米国の店舗に6億7500万ドル、カナダの店舗に2億1500万ドルをそれぞれ支払う方針。買収資金は、ラリアン氏の自己資金や、UBSグループバンク・オブ・アメリカ(BofA)など銀行から調達した資金で賄うと、ラリアン氏はブルームバーグに電子メールで明らかにした。

Isaac Larian

アイザック・ラリアン氏

写真家:Daniel Acker / Bloomberg

  ラリアン氏はアドバイザーを起用しており、米国の約274店買収を提案する意向だと説明。アドバイザーについては詳細を明らかにしていない。トイザラスとUBSの担当者がコメントを控えた一方で、BofAはこれまでメッセージに回答していない。

原題:Toys ‘R’ Us Draws 11th-Hour Offer From Little Tikes’s Larian (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE