ワーナー・ブラザースの「ランペイジ」が初登場首位-北米映画興収

  • ランペイジの興行収入は推計3450万ドル-コムスコア
  • 先週首位の「ア・クワイエット・プレイス」は3260万ドルで2位

週末の北米映画興行収入ランキングで、ワーナー・ブラザースの「ランペイジ 巨獣大乱闘」が初登場首位となった。

  調査会社コムスコアが電子メールで15日配布した資料によれば、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のドウェイン・ジョンソンが主演したランペイジの興行収入は推計3450万ドル(約37億円)。ボックス・オフィス・プロのアナリストらは3650万ドルと予想していた。先週首位だったパラマウント・ピクチャーズのホラー映画「ア・クワイエット・プレイス」(原題)は3260万ドルで2位に後退した。

「ランペイジ 巨獣大乱闘」

出典:Warner Bros.

  3位は週末に公開されたブラムハウス・プロダクションズのホラー映画「トゥルースorデア 密室デスゲーム」で、1910万ドルを稼いだ。ブラムハウスはコムキャスト傘下ユニバーサル・ピクチャーズの一角。

Top 10 Films

Weekend starting April 13, 2018

Source: ComScore Inc.

原題:The Rock’s ‘Rampage’ Storms to No. 1 in Win for Warner Bros. (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE