Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

ドルショート、日本の物価連動債購入-同業の98%より好成績ファンド

  • 日本などは景気加速で金利上がる、相対的にドル下落-マーフィー氏
  • 日本の物価連動債も購入、インフレ率の上振れサプライズ見込む
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米国外の経済成長が強まるとの見通しから、ドルは今後下げる。過去1年で世界の同業の98%を上回る成績を上げている債券ファンドの運用者はこう予想している。

  BNYメロン・アセット・マネジメント・ノースアメリカのグローバル・マルチセクター債券責任者、ブレンダン・マーフィー氏は日本や英国などの成長率が加速するのに伴い、こうした市場の金利は上昇、ドルは大半の主要通貨に対し下落するとの見方を示した。ドレフュス・インターナショナル・ボンド・ファンド(運用資産11億ドル=約1180億円)を運用する同氏は、円やノルウェー・クローネなどの通貨に対してドルショートとしている。

  マーフィー氏は「われわれが見るところ、ドルはなお割高だ。ドルは下落トレンドの初期段階にある」と指摘。円は「非常に割安」であり、年末までに1ドル=100円まで円高が進む可能性があると話した。

  ブルームバーグの集計データに基づくと、ドレフュス・ファンドのこの1年のリターンはプラス11%。比較可能な同業ファンドの98%を上回っている。

  ドレフュスは日本の物価連動債も購入しており、日本銀行が掲げる2%の物価安定目標からは距離があるものの、マーフィー氏は日本のインフレ率の上振れサプライズを見込んでいる。

原題:Fund That Beats 98% of Peers Shorts Dollar, Buys Japan Linkers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE