テスラ、今年下期に黒字とキャッシュフローのプラスを達成へ-CEO

  • 「モデル3」の生産は安定、2Qには3~4倍に-CEOがツイート
  • アナリストは年内の赤字とキャッシュフローマイナスを予想

米電気自動車メーカーのテスラは今月、投資家に対し年内の資本調達は必要ないと表明したが、それには根拠があった。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が説明した。

  マスクCEOは13日朝にツイッターで、今年7-9月(第3四半期)と10-12月(第4四半期)はそれぞれ損益の黒字とキャッシュフローのプラスを見込んでいると明らかにした。

  市場予想に比べ、この見方は極めて楽観的だ。ブルームバーグがまとめたアナリストの平均予想によると、テスラの今年下期のキャッシュフローは9億9400万ドル(約1070億円)前後のマイナス。調整後純損益は7-9月が約1億9200万ドルの赤字、10-12月が3500万ドルの赤字と予想されている。

  マスクCEOがバラ色の見通しを示したのは、セダン「モデル3」の増産が進むと判断しているからだ。同氏はこの日、CBSに対し、製造上の問題を解決した後は週2000台の生産を維持できるはずで、4-6月(第2四半期)にはモデル3の生産が恐らく3ー4倍に増えると語った。

Out of Line

Analysts expect Tesla to remain cash flow negative in the second half of 2018

Source: Bloomberg

原題:Musk Doubles Down on Claim Tesla Is All-Clear on Cash in Tweet(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE