JPモルガン:1-3月利益と収入が過去最高、株式トレーディング好調

  • 利益は前年同期比35%増の87億ドル、収入は10%増の285億ドル
  • 株式トレーディング収入は26%増の20億2000万ドル

米銀JPモルガン・チェースの1-3月(第1四半期)は、収入と利益が過去最高となった。株式トレーディング業務の好調が寄与したほか、11の主要業務分野のうち9分野で収入が増えた。同行が13日、決算を発表した。

  株式トレーディング収入は前年同期比26%増の20億2000万ドル(約2200億円)とアナリスト予想を上回った。債券トレーディング収入は8%増の45億5000万ドルだが、同行によれば、一時項目を除くと前年同期とほぼ変わらずだった。

  2月に発表した見通しによれば、2018年通期利益は法人税引き下げを一因に前年を3割強上回る公算。ジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は増えた利益の一部をテクノロジーとマンハッタン中部の新本部への投資、400程度の新支店開設に充てることを計画している。

  同CEOはこの日の発表文で「2018年はどの業務も好調で、良いスタートを切った」とコメントした。

決算の概要は以下の通り。

  • 1-3月利益は前年同期比35%増の87億ドル(1株当たり2.37ドル)。前年同期は64億5000万ドル(同1.65ドル)
  • 収入は前年同期比10%増の285億ドル、費用は5%増の161億ドル
  • 投資銀行手数料収入は10%減の17億ドル。

Trading Turnaround

JPMorgan's trading revenue rose 13% in first quarter as volatility rose

Source: Company filings

原題:JPMorgan Finds Its Goldilocks Moment in First-Quarter Volatility(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE