ルサールのドル建て債保有者、売却不能に-証券決済機関が取引拒否

  • 合計16億ドルの債券、投資家は回収不能のリスク
  • 大手格付け会社2社はルサールへの格付けを全て取り下げ

ロシアの富豪オレグ・デリパスカ氏率いるアルミニウム生産会社UCルサールは、米国が先週末に制裁対象として以来、株価が50%以上下落した。だが、株主はまだましな方だ。

  事情に詳しい複数の関係者によると、ルサールが発行済みの合計16億ドル(約1720億円)のドル建て債券について保有者は5月7日までに手放す必要があるが、主要国際証券決済機関が取り扱いを受け付けず、取引が不可能な状態となっている。このため債券保有者は米財務省によって投資資金が凍結され、回収不能として計上せざるを得なくなるリスクが生じている。

  ユーロクリアとクリアストリームの2大証券決済機関は、ルサールの債券が米財務省外国資産管理室(OFAC)の明確な承認を得ていない子会社によって発行されたものであることを理由に取引を拒んでいる。関係者は非公開の情報であることから匿名を条件に述べた。

  一方、香港証券取引所に12日付で提出された文書によると、格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスとフィッチ・レーティングスは、ルサール・キャピタル発行の証券およびルサールに対するすべての格付けを取り下げた。ムーディーズは自社の事業上の理由、フィッチは制裁による制限が理由だという。

原題:Russian Aluminum Giant’s U.S. Bondholders Trapped by Sanctions(抜粋)
Rusal Says Moody’s, Fitch Withdraw All Ratings of Co.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE