中国経済全体のファイナンス、3月は予想下回る-金融リスク対応推進

  • 全体のファイナンス規模、1兆3300億元-予想は1兆8000億元
  • 新規融資は1兆1200億元-予想1兆1800億元

中国経済全体での3月のファイナンス規模は市場予想に届かなかった。政府は金融リスク対策に取り組む方針をあらためて表明している。
   
  中国人民銀行(中央銀行)が13日発表した経済全体のファイナンス規模は1兆3300億元(約22兆7900億円)。ブルームバーグ調査では1兆8000億元と見込まれていた。2月は1兆1700億元だった。

  3月の新規人民元融資は1兆1200億元。予想は1兆1800億元、2月は8393億元だった。3月のマネーサプライ(通貨供給量)統計では、M2が前年同月比8.2%増えた。予想の8.9%増を下回る伸びにとどまった。

  みずほセキュリティーズアジアのアジア担当チーフエコノミスト、沈建光氏(香港在勤)は最近のリポートで、「年間を通じてマネーの伸びが抑制されるとみており、規制外に放置されているシャドーバンキング(影の銀行)に対する取り締まりが続くと想定している」と指摘した。

原題:China’s Credit Expansion Trails Estimates Amid Deleveraging Push(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE