OPECの「目標達成」近い、原油過剰在庫がほぼ解消-IEA

  • OPECとロシアによる昨年初め以降の減産が奏功
  • 在庫は今四半期から年末まで日量60万バレルのペースで減少見込み

石油輸出国機構(OPEC)は世界市場の原油余剰を解消するという目標の達成に近い。国際エネルギー機関(IEA)が最新月報で指摘した。

  13日発表された月報によれば、OPEC加盟国と他の産油国による計画以上の減産に加え、世界的な石油需要増大で、原油在庫の過剰分は減産開始時から9割程度減った。経済危機にあるベネズエラの生産が滞り、OPEC全体では盟主サウジアラビアが約束した以上の減産となった。

Mission (Almost) Accomplished

Output cuts by OPEC and Russia are clearing the glut

Source: IEA

  OPECとロシアによる昨年初め以降の減産が奏功し、原油先物は1バレル=70ドルに向かっている。

  IEAは月報で、OPECに代わって「『目標達成』を宣言するのはわれわれの役割ではないが」、IEAの見通しが正しければそれに極めて近いとみられると記した。

  IEAによれば、OPECが市場均衡の目安とする先進国の石油在庫は5年間の平均を3000万バレル上回るばかりとなり、余剰は減産開始時の3億バレル余りから縮小した。

  在庫は今四半期から年末まで日量60万バレルのペースで減少する見込みのため、「1、2カ月後のデータ」で在庫が5年平均を下回る可能性があるとIEAは試算している。

原題:OPEC Near ‘Mission Accomplished’ as Oil Glut Vanishes, IEA Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE