コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国人民元、一段高の公算も-来週の1-3月期のGDP発表後に

  • 1-3月期の中国GDPは前年比6.8%増となる見込み
  • 市場開放に向けた措置が資金流入をもたらす可能性
A pedestrian walks along the Bund as buildings in the Lujiazui Financial District stand in the distance in Shanghai, China, on Monday, Feb. 26, 2018. Xi Jinping's decision to cast aside China's presidential term limits is stoking concern he also intends to shun international rules on trade and finance, even as he champions them on the world stage.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

来週発表される中国の1-3月(第1四半期)の国内総生産(GDP)が人民元の一段高の可能性を後押しするかもしれない。習近平国家主席が今週、市場開放をさらに進めると表明した後ではなおさらだ。

  • 通年では7年ぶりの成長加速となった昨年のモメンタムを引き継ぎ、1-3月期の中国GDPは前年同期比6.8%増と、3四半期連続で同水準の伸びが見込まれている。中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は12日、1-3月期の中国経済指標は予想より良好に推移したと語った
Moving On Up
  • 人民銀の易綱総裁が12日打ち出した措置が資金流入につながれば、一段の元の支援要因となる。同総裁の計画には上海とロンドンの株式市場接続の年内開始や本土と香港の株式市場接続の取引枠拡大が含まれている
  • 中国が米国との貿易戦争の可能性を受けて元相場の引き下げを検討しているとの今週の報道が現実のものになれば、中国の為替自由化プログラムが大きく後退することになる
  • 15年の「一回限りの」元引き下げ後に起きた資金流出の再発を当局は決して望んでいない
  • 元が上昇すれば対米交渉で中国の助けになる。少なくとも米側にとって、米財務省が近く公表する半期に一度の為替報告書で中国を為替操作国に認定するのが難しくなる
  • こうしたあらゆる要因を踏まえると、中国は元のさらなる上昇を容認するとみられる

原題:China GDP Will Signal Yuan Is Doing Just Fine and May Even Rally(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE