11兆円の大失敗で始まった「幽霊株」騒動が深刻化

  • 韓国サムスン証券の社員16人が誤配された同社株を売り抜け
  • 株価急落で多くの小口投資家に損失-会社側は補償を約束

11兆円余りの大失敗で始まった「ゴーストストック(幽霊株)」騒動が深刻化し、大統領府も対応を迫られる事態となりつつある。

  韓国最大級の証券会社、サムスン証券が従業員報酬プランに基づき社員に配当として1株当たり1000ウォン(約100円)を送金しようとしたところ、誤って1000株、合計28億3000万株が支給されてしまった。その価値は約112兆6000億ウォン、円換算なら約11兆3000億円相当で、サムスン証券の時価総額の30倍余りだ。

  この報酬を受けた社員のうち16人が株式を売却したことで、サムスン証券の株価は急落。6日には数分のうちに12%下落と、世界的な金融危機以来の大きな下げとなり、多くの小口投資家に痛手を与えた。

  それから投資家の逆襲が始まった。サムスン証券と同社株を売り抜けた社員のみならず、政府や実際には保有していない株式を売却することを可能したシステムを監督する当局に対しても人々の怒りが広がっている。

  韓国資本市場研究院(KCMI)資本市場部門のファン・セウン研究員は「誰もこうした事態を想定していなかった。自分が勤める会社の株式を勤務時間中に社員が売却するとはおかしなことだ」と話した。

年金基金

  韓国メディアは、この問題を「ゴーストストック」事件として報道。当局はサムスン証券の内部管理を調査している。韓国の巨大年金基金はサムスン証券のブローカーサービスの利用を停止した。

  サムスン証券は株式を売却した社員を厳しく罰するとし、発表文に株価急落で損失を被った投資家に「可能な限り幅広く」補償するとのク・ソンフン最高経営責任者(CEO)のコメントを添えた。韓国大統領府に寄せられた再発防止を求める請願は12日時点で20万人を突破。これだけ多くの国民からの声が上がれば、大統領府としても対応が必要となる。

原題:The $105 Billion ‘Ghost Stock’ Blunder Rocking Markets in Korea(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE