コンテンツにスキップする
Photographer: Krisztian Bocsi

独フォルクスワーゲン新CEOにディース氏、再編成も発表

  • 6事業分野に組織を再編し、トラック・バス部門の上場に備える
  • ヘルベルト・ディース氏はグループ全体の技術も統括
Snow rests on the hood of a used Volkswagen AG automobile on the forecourt of a VW showroom in Berlin, Germany, on Friday, Jan. 8, 2016. Volkswagen may buy back tens of thousands of cars with diesel engines that can\'t be easily fixed to comply with U.S. emissions standards as part of its efforts to satisfy the demands of regulators, according to two people familiar with the matter.
Photographer: Krisztian Bocsi

世界最大の自動車メーカー、独フォルクスワーゲン(VW)は12日、次期最高経営責任者(CEO)の指名を含む経営陣刷新を発表した。新しいリーダーの下、業界の伝統的なビジネスモデルを一変させる技術的変化の潮流に備える。

  発表資料によると、VWブランドの責任者を務めるヘルベルト・ディース氏がマティアス・ミュラー氏の後任としてCEOに就任し、グループ全体の技術も統括する。同社は6つの事業分野に組織を再編し、トラック・バス部門を切り離して単独で株式上場させる方向で準備する。

Inside The 2018 North American International Auto Show

ヘルベルト・ディース氏

写真:Daniel Acker / Bloomberg

  今回の再編で権限がディース氏に集中し、同氏は引き続きVWブランドを率いる。高級車ブランド「アウディ」を率いるルパート・シュタートラー氏は、グループ全体の販売責任者にも就く。自動車事業は「ボリューム」「プレミアム」「スーパープレミアム」の各グループに分けられる。

  VWの改革能力を投資家に示す上で、ディース氏のCEO起用が鍵を握る。過度の支出や予算規律の緩みにより、2015年9月にディーゼル車の排ガス不正が発覚する前から利益率は圧迫されていた。バッテリー式自動運転車の時代に備えるため、VWブランドから12ブランド全体に改革を広げられるかどうか、ディース氏率いる経営陣は早い段階から問われることになる。

原題:VW Names Diess CEO in Sweeping Overhaul to Set Future Course (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE