ブラックロックCEO:株式相場の上昇を予想、貿易戦争が脅威に

米ブラックロックのラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)は企業決算が強ければ、株式相場は上昇するだろうが、貿易戦争が株価を危険にさらしかねないと述べた。

  フィンクCEOは12日のインタビューで、「長期にわたる貿易戦争になれば、経済成長を鈍らせるだろう」と指摘。第1四半期(1-3月)の業績が非常に強ければ、相場は上昇するだろうと付け加えた。

  貿易制限はまだ実施に移されていないものの、北米自由貿易協定(NAFTA)の修正に向けて動きがあることに勇気づけられていると、フィンク氏は発言。

  「NAFTAの合意に近づいているのであれば、差し引きプラスだ。NAFTAは年初時点で私の最大の懸念事項だった」と続けた。

原題:BlackRock’s Fink Sees Market Rising But Trade War Poses Threat(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE