中国:1-3月の経済指標、18年の成長にとって良い兆し-人民銀総裁

  • 人民銀とIMFが北京で開催した会議で発言
  • 17日発表の中国1-3月GDP、市場予想は前年同期比6.8%増

中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は12日、世界的な経済見通し改善が続く中で1-3月(第1四半期)の中国経済指標は予想より良好に推移したと述べた。
    
  人民銀と国際通貨基金(IMF)が北京で開催した会議で、易総裁は最近数日間で徐々に1-3月期の経済統計が発表されていると説明し、「予想より若干良い」と語った。「今年の成長アジェンダにとって良好な兆しだ」とも話した。

  中国は1-3月期の国内総生産(GDP)を17日に発表する。エコノミスト調査では前年同期比6.8%増と見込まれている。

原題:China 1Q Economic Data Bode Well for 2018 Growth, PBOC’s Yi Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE