「ゴールドマン」は要らない-ドイツ銀の挫折、行内外で歓迎の声も

  • 「投資銀行業はもはや優先されないというシグナル」と議員
  • 首脳交代で「これだけの熱狂は見たことがない」と話す行員も

A logo sits on one of the twin towers of the skyscraper headquarters of Deutsche Bank. 

Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

ドイツ銀行での突然の経営トップ交代は、国際的な投資銀行業で米ゴールドマン・サックス・グループと対等に渡り合うというドイツ銀の野心を打ち砕く可能性がある。ただ、多くのドイツ人にとって、その方が好ましいのかもしれない。

ゼービング氏

写真家:Krisztian Bocsi / Bloomberg

  ジョン・クライアン氏が最高経営責任者(CEO)を事実上解任され、その後任として47歳ながら生え抜きのベテラン行員であるクリスティアン・ゼービング氏が起用されたことで、海外顧客向けの業務やさまざまな高リスク証券のトレーディングが縮小されようとしているように見える。3年足らずの間に3回の業務立て直し計画が打ち出された後では、国内外のドイツ企業向けの融資に焦点を絞ることが歓迎されそうだ。

  社会民主党(SPD)のイングリート・アルントブラウアー議員は「ドイツにゴールドマン・サックスを連想させる投資銀行は不要だ。ドイツの企業と消費者は、ドイツ経済を守る貸し出しの中核事業に焦点を絞り、企業を国際的に手助けする銀行を必要としている」と述べた。

  キリスト教社会同盟(CSU)のハンス・ミヒャエルバッハ議員は「私の見方ではゼービング氏指名は投資銀行業はもはや優先されないというシグナルだ」と話し、ドイツ銀が国内経済、特に中小企業のための小口銀行業・金融業を重視するとの予想を示した。

  ドイツ銀のチーフエコノミスト、ダーフィト・フォルケルツランダウ氏は10日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、今回のトップ人事は同行にとって「画期的な世代交代」だと指摘し、「長くドイツ銀に勤め、表も裏も知る若手が物事を決定する。過去の多くの首脳交代を見てきたが、この48時間に関して言うと、行内でこれだけの熱狂は見たことがない」と語った。

原題:Germany Cheers for End to Deutsche Bank’s Goldman Pursuit (3)(抜粋)


    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE