安倍首相:加計学園の獣医学部新設への関与、改めて否定

更新日時
  • 「首相案件」発言を否定の柳瀬元首相秘書官を「信頼」-安倍首相
  • 立憲民主・枝野代表は柳瀬氏、愛媛県担当者の証人喚問を要求

安倍首相

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

安倍晋三首相は11日の衆院予算委員会で、学校法人「加計学園」による獣医学部新設で自らの関与を改めて否定した。愛媛県職員が作成したとされる文書へのコメントは避けた。

   安倍首相は国家戦略特区制度を活用した学部新設の「プロセスにおいても問題がない」とした上で、「私から指示を受けたという方は1人もいない」と答弁。自らの友人で学園理事長の加計孝太郎氏から獣医学部新設について「相談や依頼があったことは一切ない」とも語った。
  
  朝日新聞は10日付朝刊で、2015年4月に当時の柳瀬唯夫首相秘書官が愛媛県庁職員らとの面会で加計学園の獣医学部新設計画は「首相案件」と発言したとする文書が存在したと報道。同県の中村時広知事は同日午後に記者会見し、同文書は担当職員が備忘録として書いていたことが判明したと発表した。

  報道を受け、柳瀬氏は10日午前、「記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはありません」とするコメントを発表。報道内容について「この案件が首相案件になっているといった具体的な話をすることはあり得ません」と否定した。

  立憲民主党の枝野幸男代表は11日の衆院予算委で、文書と柳瀬氏の主張が食い違っていることについて「柳瀬さんがうそをついているか、愛媛県の担当者が聞いてもいないことを勝手に書いたのか」とただした。安倍首相は「愛媛県が作成した文書の評価について国としてコメントすることはできない」とする一方で、「秘書官在任中もそうだが、柳瀬氏の発言を私は信頼している」と答弁した。

  共同通信によると、政府、与党は10日、柳瀬氏を国会に参考人として招致する方向で調整に入った。ただ、枝野氏は11日の衆院予算委で「参考人で呼んだって駄目だ」と述べ、柳瀬氏に加え、愛媛県の担当者への証人喚問を要求した。

(第5、6段落を更新しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE