Photographer: Tomohiro Ohsumi

メジャー大谷選手がMVPの活躍、関連株が日本市場で好調

  打っては3試合連続ホームラン、投げては開幕2連勝と「二刀流」で活躍するメジャーリーガー、エンゼルスの大谷翔平選手。MLBのウェブサイトによると、9日にはアメリカンリーグの週間MVPに輝いた。活躍に連動し、関連の深い日本企業の株価も堅調に推移。エンゼルスとパートナー契約を結んだ船井電機、大谷選手のアドバイザリースタッフのアシックス、サポート契約を結ぶ日本航空、ロサンゼルスへのメジャーリーグ観戦ツアーを発売するエイチ・アイ・エス4社の合計株価は10日現在、年初来のパフォーマンスが東証1部全体の値動きを示すTOPIXを約2ポイントアウトパフォームしている。

  各種経済効果の試算で知られる関西大学の宮本勝浩名誉教授は、大谷選手のエンゼルス入団の経済効果は約207億5000万円と見積もる。これには入場料金や放送権料など球団の収入増加額、日本ハムファイターズからの移籍に伴う譲渡金・契約金、球場への交通費や試合後のファン消費額などが含まれる。これは、昨年のプロ野球ドラフト会議で史上最多の7球団競合の末、日ハムに入団した清宮幸太郎選手の経済効果試算額約62億6300万円に対し、非常に大きな金額と同教授は指摘している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE