フェイスブック株は一時5%強上昇-CEOの議会証言で高評価

  • 「私の誤りだった。申し訳ない」と上院の合同公聴会で謝罪
  • 時には気まずそうな表情を見せたが、笑いを誘う場面も

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)

Photographer: Al Drago/Bloomberg

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は10日、米議会の公聴会で初めて証言し、個人情報の流出問題で謝罪するとともに自社を擁護した。質問した議員らとやり合い、時には意見に同意する場面もあった。議会と社会からの信頼回復に向けた同CEOの対応に対する初期段階の評価はおおむね好意的だった。

  ザッカーバーグ氏(33)は上院の司法、商業科学運輸両委員会の合同公聴会で、「私の誤りだった。申し訳ない」と出席した議員らを見ながら発言。時には気まずそうな表情を見せ、欧州の消費者保護法のような法律を米国でも制定すべきかなど一部の質問をかわした。ほとんどの質問にはっきりと答え、笑いを誘う場面もあったが、全ての議員が納得したわけではなかった。

  公聴会がまだ続く中、弁論や危機対応コミュニケーションの専門家らはザッカーバーグ氏の証言に高い評価を与えた。10日の米株式市場でフェイスブックの株価は一時5%余り値上がりし、約2週間ぶりの高値を付けた。

  コミュニケーション訓練会社グローバル・パブリック・スピーキングを率いるアリソン・シャピラ氏は、ザッカーバーグ氏が「証言の準備をしていたことは明白だ」と指摘。「質問への回答の仕方やその姿から分かる。声は力強く、自信に満ちていた。ペースも落ち着いており、急いでいなかった。不安げに見えれば、誠実さと信頼性に疑問が生じていたかもしれない」と述べた。

Facebook Fallout

Users of social network are more concerned about invasion of privacy after latest scandal

Source: Gallup

Note: Results based on April 2-8 poll of 789 Facebook users, defined as those who have their own page on the social network

原題:Facebook’s Zuckerberg Gets High Marks for Washington Performance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE