コンテンツにスキップする
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

世界の債務、17年に過去最大の237兆ドルに膨らむ

  • 家計債務の対GDP比、成熟市場ではカナダや仏で過去最高を更新
  • 世界債務の対GDP比率は5四半期連続で低下-成長加速で
Euro, yen, and U.S. dollar banknotes of various denominations are arranged for a photograph in Soka City, Saitama Prefecture, Japan, on Wednesday, Aug. 29, 2012. The dollar headed for a monthly advance versus the yen before U.S. data forecast to show consumer spending rose the most since February.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

世界の債務は2017年10-12月(第4四半期)に過去最大の237兆ドルに達し、10年前と比べ70兆ドル余り増えているとの分析を国際金融協会(IIF)が示した。

  成熟市場の中で、家計債務の対国内総生産(GDP)比が過去最高となったのはベルギーとカナダ、フランス、ルクセンブルク、ノルウェー、スウェーデン、スイスで、世界的に金利が上昇し始める中で懸念すべきシグナルだという。

  ただ世界の経済成長が加速したことから、世界債務の対GDP比率は5四半期連続で低下した。現在は317.8%程度で、16年7-9月(第3四半期)の高水準を4ポイント下回っているとしている。新興国の中で家計債務の対GDP比の高さが目立つのは韓国で94.6%。

原題:Global Debt Jumped to Record $237 Trillion Last Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE