世界で最も忙しい空港ランキング-JFKはトップ20から陥落

  • デリー(インディラ・ガンジー)国際空港が初のランク入り
  • 東京国際(羽田)空港は4位-貨物トップは香港
Travelers pass through security at JFK airport. Photographer: Spencer Platt/Getty Images North America

ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港 (JFK)が世界で最も忙しい空港の「トップ20」から外れた。

  国際空港評議会(ACI)が9日発表した2017年のランキングによると、ニューデリーのデリー(インディラ・ガンジー)国際空港が16位。同空港は初めてトップ20入りし、旅客数が14%増え、20位までの空港で最も大きく旅客を伸ばした。中国の広州(白雲)国際空港が10%増と続き、同空港は前回から2つ順位を上げ13位となった。

Crowded Skies

The world's 20 busiest airports for passenger traffic last year

Source: Airports Council International, preliminary traffic rankings

  世界一忙しい空港は引き続き米アトランタ(ハーツフィールド・ジャクソン)国際空港だが、上位20空港で唯一旅客数が減少した。東京国際(羽田)空港は4位。

  JFKを含めたニューヨーク圏3空港の旅客数はJFK単独の倍程度。航空貨物では香港がトップ、2位がメンフィス、3位は上海となった。

Asian Power

Many Asian airports made a mark with their pace of growth in 2017

Source: Airports Council International based on total passenger figures

原題:New York’s JFK Booted Out of World’s Top 20 Busiest Airports (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE